カウコーヒー (Ka'u Coffee) について

 ハワイのコーヒーといえば、コナ地区で育ったコナコーヒーが有名ですが、カウコーヒーは
コナコーヒーの樹をカウ地区に植樹し始まりました。カウ地区は、コーヒーの樹にとって季候・
地質ともに良質で、すばらしいコーヒーの味、香り、酸味のコーヒーが誕生しました。世界的に見ると、カウコーヒー農園の規模は、とても小さいため収穫量はわずかです。近年、その小さい農園で育ったカウコーヒーは、世界中の豆が集まる品評会 (SCAA international competition) でTop10入りを果たし、その美味しさは、世界で認められています。

=生まれる環境=

(1)ハワイ島でコナ地区を初め、その大部分が溶岩石で覆わています。その中でもカウ地区は土地の歴史が古く、自然の循環が十分に進んでおり、土が豊富にあります。

(2)コーヒー農園、研究者が定期的に集まり、情報共有しています。

=特徴=

人の体に優しい酸度です。

カウ地方

ハワイ島

© 2016 by Kayama

  • w-youtube